断捨離でハッピーライフ

断捨離をはじめてから、よいことばかり起きています。断捨離のこと、掃除のこといろいろ書いています。

【東京散歩】北千住商店街を歩く。きく寿司と槍かけ団子がオススメ!

再び、北千住に行ってきました。

今回は、美味しいランチと、スイーツを求めて商店街をお散歩しました。

ふらりと歩いただけでしたが、歴史を感じる場所もめぐれて、ますます北千住は面白い場所だなと感じました。

 

f:id:fuwafuwa50:20191003184652j:plain

 

 

ランチは友人おすすめの「きく寿司」へ

 

先日行った、絶品かき氷屋さん「重義」の前を通って、お目当ての「きく寿司」に行ってきました。

 

f:id:fuwafuwa50:20191003181410j:plain

 

きく寿司は友人から紹介してもらったお店です。リーズナブルなお値段で本格的なお寿司が食べられるお店です。

駅からは7~10分ですが、商店街を通るとあっという間に到着します。

 

外観もお店の中もとても綺麗で高級感と清潔感にあふれたお店でした。カウンター席もあり、目の前でお寿司を握ってもらうことができますが、カウンター席はいっぱいで今回はテーブル席になりました。私たちはたまたま待たずに入れましたが、店内は満席でした。ランチでも予約できるそうなので、予約したほうがよいかもしれませんね。

 

休日ランチメニューはこちらです。友人曰く、平日ランチにはサラダもつくそうです。

 

f:id:fuwafuwa50:20191003181651j:plain

f:id:fuwafuwa50:20191003181724j:plain


私たちが食べたのは海鮮ばらちらしと竹にぎりです。これにお椀がついていました。

 

f:id:fuwafuwa50:20191003181901j:plain

 

どれも、ネタが新鮮で、とてもおいしかったです。特にエビと漬けマグロが最高でした。

f:id:fuwafuwa50:20191003182618j:plain

 

ちなみに、かき氷の「重義」はメニューが秋バージョンに変わりつつあり、先日はなかった柿のかき氷が出ていました。お店の前には人が4~5人並んでおり、お昼の時間帯ですでに柿のかき氷は売り切れとなっていました。食べたい味がある際は、おすすめは午前中ですね! 

 

問屋場、貫目改所

 

きく寿司を出て商店街に戻ると、すぐに道路にこのような地図(千住宿地図)がありました。芸術センターというビルの前です。

 

f:id:fuwafuwa50:20191003182806j:plain

 

後から調べてみたところ、この場所は、千住宿の全ての事務を取り仕切っていた問屋場(といやば)の跡地だそうです。公用の荷物の重量を量って、運賃を決める貫目改所(かんめあらためしょ)もあったとのことでした。問屋場の跡地に、この写真の千住宿地図があります。

 

ちなみに前の記事で、千住宿復元模型について書きましたが、この模型の中に当時の問屋場、貫目改所も復元されているそうです。

千住宿と、復元模型についてはこちらの記事をご覧ください。

 

 

fuwafuwa50.hatenablog.com

 

 

横山家住宅

 

そのまま商店街を道なりに歩いていくと、このような歴史感じる建物に遭遇しました。

 

 

f:id:fuwafuwa50:20191003183024j:plain

 

こちらは横山家住宅といいます。横山家とは、この地で地漉紙(じすきがみ)問屋を営んでいた一家だそうです。近隣農家から地漉紙、漉返紙と呼ばれる再生紙仕入れて、日本橋の方へ売っていたとのこと。さらに、横山家は人馬の継立を担うために必要な人足や、馬を用意する役目である天馬役(てんまやく)も務めていました。

 

江戸時代からの日光道中沿いの商店街は戦災によってほどんど消失してしまったそうですが、その中で現在にも残っている横山家は当時の面影を今に伝える重要な役割を果たしています。足立区有形民俗文化財に登録されているそうです。

 

 

絵馬屋吉田家

 

f:id:fuwafuwa50:20191003183129j:plain

 

横山家住宅の向かいに絵馬屋さんもありました。

やっているのか、やっていないのかは不明でした。

 

f:id:fuwafuwa50:20191003183214j:plain

 

この吉田家は8代続いた絵馬屋で、江戸時代からの伝統を守りながら手書きの絵馬や、地口絵紙などを作成しているそうです。7代目の吉田政造氏は「千住の東斎」として名の通った絵馬師でした。現在はその方の長女である晁子氏が8代目として後を継いでいます。1982年に足立区登録無形文化財保持者となったそうです。

調べてみましたが、残念ながら今現在の情報は得られませんでした。

 

 

槍かけ団子

 

横山家住宅、絵馬屋吉田をさらに歩き進めると「かどやの槍かけ団子」というお店がありました。次から次へとお客さんが訪れていました。地元の人も多く買いに来ているように見えました。

 

f:id:fuwafuwa50:20191003183315j:plain

 

昭和27年創業の団子屋さんだそうです。

槍かけ団子は二種類。やき団子とあん団子です。一本90円。お店の脇にベンチがあるので買ってすぐに食べられます。

 

f:id:fuwafuwa50:20191003183406j:plain

 

思った以上に団子がふわふわもちもちで、とってもおいしかったです!両方の味を食べました。今まで食べた団子の中で一番美味しいと思いました!!

 

やき団子は醤油味。みたらし団子ですが、甘さよりしょっぱさ強めです。

 

f:id:fuwafuwa50:20191003183459j:plain

 

あん団子。私はあん団子の方が好みでした。

 

f:id:fuwafuwa50:20191003183535j:plain

 

お店の中で、団子をどんどん作っていました。座って食べている間にあれよあれよと売れていき、何度も店頭に補充している様子を目にしました。

もちろんお持ち帰りも可能です。ちょっとしたお土産にも、もってこいだと思います。

 

 まとめ

 北千住は商店街がとても充実しています。少し歩いただけで歴史ある場所を見ることができます。美味しいお店もたくさんあり、食べ歩きにももってこいです。東京下町の雰囲気を感じてみませんか?